行雲流水

24R2500の研究メモ帳、自称B級戦法マイスター

青野流の研究と考察その②+【コラム】シンギュラリティとユートピア(理想郷)


f:id:pokepoke353:20200201192701p:plain

 

今回は青野流で一直線定跡以外の変化について書いていきます。

コラム書くのが楽しくて正直コラムの為に将棋の研究記事を書いてます>< 

f:id:pokepoke353:20200126210616j:plain

基本図1(▲58玉まで) 

以下①△2二銀、8二飛型、②8五飛型、③4二玉型、④飛車ぶつけ型があり、順に書いていきます。

 

VS①△2二銀、8二飛型

f:id:pokepoke353:20200126203204j:plain

以下、▲36歩△82飛▲37桂△88角成▲同銀と進みます。

f:id:pokepoke353:20200126203438j:plain

基本図2(▲88銀まで)

以下、①△33銀②△33桂があります。

①△33銀

f:id:pokepoke353:20200126203726j:plain

△33銀以下、▲83歩△同飛▲84歩△82飛▲35飛△84飛▲66角

f:id:pokepoke353:20200126204933j:plain

以下、△64飛(△24飛▲45桂)▲45桂△34銀▲11角成△35銀▲21馬△42金▲35歩△27角と進んだ局面は難解です。

f:id:pokepoke353:20200126204815j:plain

(以下▲34桂位ですかね。この局面はほぼ互角みたいです。)

②△33桂

f:id:pokepoke353:20200126205204j:plain

以下、▲77桂△42玉(△26角は▲83歩△同飛▲45桂)▲24飛△35歩▲83歩△52飛(△同飛は▲23歩)▲35歩△36歩▲38銀△37歩成▲37銀と進んで難解

f:id:pokepoke353:20200126205622j:plain

(以下▲84飛から▲82角を狙う感じ、桂歩交換だけど模様がいいから若干先手持ち)

③△42玉

f:id:pokepoke353:20200126210101j:plain

上記の通り角交換すると若干先手が指し易いみたいなので力を溜めて△42玉と上がる手もあります。

以下、▲38銀△88角成▲同銀△33銀▲35飛△44角▲77角△35角▲同歩の局面は難解

f:id:pokepoke353:20200126210302j:plain

(以下、▲34歩▲45桂を狙ってどうか。形勢は難解ながら指し手の難易度は先手のが低いので先手持ちたい)

 

VS②△8五飛型

f:id:pokepoke353:20200126210548j:plain

以下▲77桂△25飛▲28歩△44歩▲36歩で一局ながら先手やや指せる。

f:id:pokepoke353:20200128002130j:plain
(以下▲35飛を狙ってどうか、歩得で模様が良いので先手指せそう。)

 

VS③△4二玉型

f:id:pokepoke353:20200126211528j:plain

以下、▲36歩△22銀▲37桂△62銀▲38銀△51金▲96歩

f:id:pokepoke353:20200126212023j:plain

△27歩▲29歩△23銀▲35飛△74歩▲87歩と進みます。

f:id:pokepoke353:20200129025656j:plain

基本図3(▲87歩まで)

ここでは①△84飛②△82飛③△76飛があります。

 

ちなみに最後▲87歩に代えて▲77桂△73桂▲75歩△87歩▲97角もあるけれど、個人的には玉が固いまま主導権握りやすい分こっちのが好みです。

f:id:pokepoke353:20200129024006j:plain

(▲87歩に代えて▲77桂の展開、先手優勢らしいがギリギリの切り合いになる。)

 

 ①△84飛

f:id:pokepoke353:20200201183541j:plain
 以下▲33角成△同桂▲66角△82飛▲25桂△同桂▲11角成と進んだ局面は先手優勢

f:id:pokepoke353:20200201183443j:plain
(以下△24銀なら▲32飛成△同玉▲34金▲11角成となれば大体先手良し) 

 

②△82飛

f:id:pokepoke353:20200201183619j:plain

以下▲33角成△同桂▲25桂△24銀▲33桂成△同金▲45桂と進み先手優勢

f:id:pokepoke353:20200201183856j:plain

(△23金▲55角△44金▲33角。この変化は△74歩が無いと成立しないから△74歩を見てから▲87歩と打つよう覚えるといいかも。)

 

③△76飛

f:id:pokepoke353:20200201184418j:plain

以下▲77金△75飛▲同飛△同歩▲82飛△73桂▲78金

f:id:pokepoke353:20200201184307j:plain

△64角▲74歩△65桂▲73角△31玉▲81飛と進み先手優勢

f:id:pokepoke353:20200201184342j:plain

(▲77金で飛車の逃げ場が無いけど飛車交換は隙が少ない先手有利、基本的に青野流は飛車交換出来れば大体有利だから序盤▲77桂から▲85飛と出来れば成功)

 

④VS飛車ぶつけ

f:id:pokepoke353:20200201184932j:plain

△52玉での飛車ぶつけは交換する一手です(△42玉△62玉なら交換しない手もある)

f:id:pokepoke353:20200201185203j:plain

ここは手が広くて①▲37桂②▲24歩③▲33角成△同桂▲83角④▲83飛があり、どれも難解です。

私が飛車ぶつけに対して用意しているのは②▲24歩です。

f:id:pokepoke353:20200201185746j:plain

▲24歩には形乱れると大駒の隙が出来るので△22歩の一手です。

f:id:pokepoke353:20200201185950j:plain

ソフトの将棋を調べて良いと思ったのがここから▲33角成△同桂▲46角△73角▲21飛とする形です。

f:id:pokepoke353:20200201190247j:plain

(この後は香取って香と竜で攻めるだけだから指し手の難易度が低い)

以下一例ですが、△25飛▲38銀△46角▲同歩△65角▲56角△56角▲同歩△37歩▲同桂△28竜▲11飛成

f:id:pokepoke353:20200201190715j:plain

△27角▲47角△38角成▲同金△19竜▲35香△49銀▲48玉△38銀成▲同角

f:id:pokepoke353:20200201191114j:plain

△28竜▲29銀△24竜▲33香成△同竜▲55角と進んだ局面は先手持ちです。

f:id:pokepoke353:20200201190725j:plain

参考棋譜

shogidb2.com

 

 

_____________________

 

 

【コラム】シンギュラリティとユートピア(理想郷)

 

『人間が想像できることは人間が必ず実現できる』

by ジュール・ヴェルヌ

 

上に書かれてる言葉は私が特に好きな格言の一つです。ドラえもん宇宙戦艦ヤマトとかあの時代にイメージ出来たのは凄いですよね、もしこの格言が真理であるのなら人間の可能性は無限大だと思いますし、ひょっとしたら私たちが生きている時代にドラえもんは実現できるかもしれないというのが今回のテーマです。

f:id:pokepoke353:20200123014730j:plain

私はsf小説を読むのが好きなんですけど、例えば1990年代に書かれたsf小説の中の2020年では『万能細胞(ips細胞)』VRゲーム』携帯電話(スマホ)』と中々の的中率を挙げて面白いなぁと思います。

2020年になった今近年中実用化される予定なのはリニアモーターカー』『車の自動運転』ですし2025年~では3Dプリンター(立体印刷機)』量子コンピュータと中々面白そうな未来が待っています。

日々の生活では実感出来ないと思いますけど冷静に考えるとこれって結構凄いですよね、私たちって実は1990年代に書かれたSF小説の世界の中で生きているんですよ。

 

この話に興味を持った方は2100年の科学ライフという本が面白いのでおすすめします。

f:id:pokepoke353:20200121020614j:plain

 

それで本題なんですけど、私が数年前から興味を持っているのがシンギュラリティ(2045年問題)です。

tenki.jp

souspeak.com

シンギュラリティ(2045年問題)を簡潔にまとめると

コンピュータの性能が向上して行き人工知能が全人類の知能を完全に超えるタイミングの事。

その結果何が起きるかと言うと、人間を超えた人工知能が更に優れた人工知能を作り、その人工知能が更に(以下略とAIが爆発的に進歩して人間の知能では予測・理解できない域に達した結果、科学技術の爆発的なインフレーションが起きる事になります。そのタイミングが2045年と予測されているので2045年問題と呼ばれています。
world-fusigi.net

シンギュラリティが起こった先の未来を完全に予測するのは不確定要素が多くて不可能かも知れませんが、一説では人工知能が人類が担っている仕事を肩代わりする事で人類は労働から解放され自己実現や幸福を追い求めるライフスタイルになるとの事です。

つまり、生産的技術は全て人工知能が担ってくれるので例えばベーシックインカム等が導入され働かなくても生きていけるよう社会の形が変わる可能性があるとの事です。

f:id:pokepoke353:20200123031713p:plain

将棋界でも2013年にGPS将棋が三浦さんに勝ち、その後のプロ将棋ではソフト発祥の戦法や陣形が猛威を振るいましたけど、今まで人間が積み重ねてきた価値観を覆し玉の固さよりバランス重視の感覚になりました。

news.mynavi.jp

ソフトの影響で感覚や戦法が江戸時代に逆行してて温故知新とか何か昔記事の最後に書いた記憶がありますけど、それと同じような事が現代社会でも起こると思っています。

 

例えば、古代ギリシャでは労働は苦役であり卑賤な活動だと見られていました

多忙な人生を送ると、個別の仕事の内容に詳しくなっても幅広い分野の思索はできません。哲学的な思索を行うには自由な時間が必要であり、自由ということは労働からの開放を意味していました。

humalance.com

将棋戦法における新型角換わりみたいな感じで、この古代ギリシャの労働観が見直されるんじゃないかと思います。

 

また、技術的な進歩も凄まじく『ロボット工学技術』『ナノテクノロジー』『遺伝子学』『lot技術』(物のインターネット化)特にこれらが大きく進歩するみたいです。

ledge.ai

今回記事を書くついでに色々調べてみたいんですけど海外の頭のいい研究者がシンギュラリティ後は人間の細胞を原子レベルで再現する事で不老不死を手に入れる事が出来るかも知れないという事すら大真面目に話しているみたいです、正直そこまで行くと眉唾物ですけどロマンがありますよね!

www.newsweekjapan.jp

冒頭に書いた通り『人間が想像できる事は人間が必ず実現できる』という言葉がありますが。その技術的進化のスピードは私が思ってたよりもずっと早いみたいです。

未来はどうなるのか分からないですけど、こういう記事を読むと私たちは凄く面白い時代を生きているみたいでワクワクします><

 

ただ技術が凄まじいスピードで進歩するという事は当然リスクも合って、昔のSF小説でもAIが人類を管理するディストピアという空想は散々描かれてきました。

人工知能開発に関してスティーヴン・ホーキング博士を筆頭に有識者は警鐘を鳴らしているようです。

wired.jp

f:id:pokepoke353:20200123013132j:plain

 

それについては、この動画での羽生先生の発言が印象的だったので紹介したいです。

www.youtube.com

『人類が抱えてる滅亡するリスクのある問題はパンデミックや気候変動等12種類あって、その中の一つにAIが入っている。ただAI以外は滅亡するリスクしかないがAIは残りの11種類の問題を解決出来るだけのポテンシャルがある。』

この発言は素晴らしいなと思いました。もちろん人類滅亡するだけのリスクがあるけど、それ以上に科学発展する恩恵は凄まじいものがあると思うので上手い事コントロールして発展していって欲しいです。

 

例えば車は人を殺すリスクがあるけど皆乗るのをやめないのはそれだけの魅力と便利性があるからだと思います。リスクがあるから危ないからと言って排除するのでは技術の発展は望めません。過去の技術もリスクがある事は承知の上で未知の可能性に飛び込んで来た結果が今に繋がってると思います。

人工知能の開発はアメリカが主導で莫大な開発費を掛けて研究しているのでこの流れは止められないと思います。この流れの先にあるシンギュラリティという転換期はSF小説の空想が現実になったのと同じように、恐らく私が生きている間に起こる出来事なのでしょう。

その先の未来がどうなるかは分からないですけど、どうせ考えるのなら暗い未来より明るい夢を見たいですよね。

 

角換わり右玉の研究と定跡その2+【コラム】現代日本の幸福学と人生の目的

f:id:pokepoke353:20200113002654p:plain

前回の記事で書いた▲4筋位取り雁木はサンプルが少なすぎて記事を書けるレベルでは無いので流します、また今度書ける日がくればいいんですが><

VS▲地下鉄飛車

f:id:pokepoke353:20200114040111j:plain

以下、△44歩▲16歩△14歩▲88銀△42銀▲77桂△43銀▲98香と進みます。

f:id:pokepoke353:20200114040537j:plain

地下鉄相手には▲98香を見てから△82玉とするのが個人的に有力だと思ってます。

f:id:pokepoke353:20200114040711j:plain

基本図1(△82玉まで)

以下、初志貫徹で地下鉄してくる相手には▲99飛△72金▲95歩△同歩▲同香△同香▲同飛△91香▲94歩△83金で一本取ったり

f:id:pokepoke353:20200114040902j:plain

(先手は歩切れ、9筋の制空権を握れて後手良し)

なので基本図1以下普通に駒組を進めて、▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲29飛△72金▲86歩△33桂▲87銀△21飛の局面は千日手濃厚だと思います。

f:id:pokepoke353:20200114041631j:plain

基本図2(△21飛まで)

以下、▲85歩は△同桂(△同歩▲84歩の垂らしが少し嫌)▲同桂△同歩で先手少し無理

f:id:pokepoke353:20200114041931j:plain

基本図2以下、▲89飛△24歩▲85歩△同桂▲同桂△同歩▲86歩△25歩▲85歩△83歩の局面は後手指せそう。

f:id:pokepoke353:20200114042228j:plain

(イメージだけど8筋の攻めは致命傷にならないけど2筋のと金は結構大変そう)

まあ先手も玉頭から無理に動くと反動が大きいので千日手になる気がします。

 

VS▲中住まい

f:id:pokepoke353:20200114043002j:plain

以下、▲58玉△54歩▲56歩△44歩▲68銀△42銀▲67銀△43銀▲25歩△33桂と進みます。

f:id:pokepoke353:20200114042905j:plain

基本図1(△33桂まで)

個人的にですけど▲58玉を見たらさっさと△44歩△43銀の形を作るのを優先した方がいいイメージがあります。

基本図1以下、一例ですが▲77桂△14歩▲16歩△12香▲98香△72銀▲99飛△83銀▲29飛△21飛▲86歩△63金と進みます。

f:id:pokepoke353:20200114044656j:plain

中住まいに対して△82玉△72金の形を作るのは地下鉄と違って先手玉が戦場から離れてる分玉頭戦に持ち込まれる変化は右玉側自信が無いです。

なので地下鉄には△72銀△63金の形を作って対応するのですが、まあ先手側に何か突破する手段が合ってもおかしくないかなとは思ってますけど一応千日手濃厚を結論にします。

f:id:pokepoke353:20200114044955j:plain

(中住まいには△72銀△63金の形を作って一局、例えばここで▲26角▲57角には△53角とか打って角には角で対抗する感じ

 

 

【コラム】現代日本の幸福学と人生の目的(タイトル後付け)

 

最近「幸福のための人間レベル論」という本を読んだのですが結構面白かったです。

f:id:pokepoke353:20200114235924j:plain

ここ数年就職したり将棋やそれ以外の趣味の活動したり、人生の節目を向かえたのか人間付き合いがガラリと変わったのですが、その時に色んな人と関わる中で何となく思っていた感覚が上手く言語化されてて今の人間関係に落ち着いた理由が腑に落ちました。

まあ、仲が良かった人と微妙な関係になったり高校時代の友達と縁が切れたりしたのは色んな人と関わる中で自分のステージが変わったのが要因なんでしょうね。

 

私のお気に入り漫画に風の大地というゴルフ漫画があります。

f:id:pokepoke353:20200115000833j:plain

主人公の沖田は車に跳ねられて足を骨折したり相棒が死んだり色々不幸な目に合うんですけど、その中で身に起きた不幸を嘆くのではなく不幸の中で自身が成長する機会を与えられたと常に感謝の気持ちと謙虚さを持ってるんですよ。

何というか最初の本に書いてある理想像みたいなキャラクターで『ああ人間こうあれれば悩みとか無くなりそうだな』と思ったのが印象に残ってます。

 

今現在メディアでは世代間格差だとか社会保障だとか勝ち組負け組だとか周りと比較したり不安を煽るような文句ばかり流れてますが、そういう声に流されて欠乏感を意識しながら生きるのではなく。

例えばですけど『世界トップクラスに治安が良い国に住めて350円で牛丼が食べれて家族も生きていて幸せだなぁ』と既にある物で満足出来るような考え方にした日々楽しく生きられると思いました。言葉にするのが難しいですけどこれは本質的な価値観への問いかけであって妥協や諦めとは違う感覚です。

今の現代日本では私みたいな低収入の若者でも100年前の貴族や王様よりも豊かな暮らしが出来ているのにその豊かさを素直に認めて感受する事が難しい環境になっている気がします。

まあ資本主義の原理は競争社会なのでそれは仕方がない事ではあるんでしょうけども何が言いたいかと言うと金銭や生活の質という物質的豊かさを追求するのでは無く今の自分はこんなに恵まれてるんだなと自分自身を認めたり周囲に感謝する気持ちを持つ事、つまり精神的豊かさを追求するが大切だと思いました。足るを知るって奴ですね!

人生の最終目的はお金を稼ぐ事や仕事で成功する事でも無く幸せになる事なので、私もその為に風の大地の沖田みたいに日々感謝の気持ちを持って精神的豊かさを感じて生きたり、そういう感覚を周りに伝える事(法施って言うらしい)で人間レベル論のステージを上げたいと思いました><

 

これ読んでくれる人がどれ位居るのか分からないですけどこんな将棋と全く関係無い長い文を読んでくれたらありがとうございます!

 

【アマチュア最強戦法】角換わり右玉の研究と定跡その1(△右玉VS▲矢倉)

f:id:pokepoke353:20191213013603j:plain

 

お久しぶりです、今年4部2位で入替戦無しのまま社団戦3部に上がれました!

去年からエース級が一人抜けてもう一人エース級の方も団体戦1日と個人戦のみ参加なので、大分弱体化してるのに何故去年上がれなくて今年上がれたのか不思議ですけど嬉しいです><

この記事は右玉の対策ではなく右玉視点から私はこうやってるよって書いた記事であって、右玉対策を求めてる方のニーズには応えられないかもなのでご了承おなしゃす(´・ω・`)

今はそれなりに忙しくて序盤勉強する時間が無いので相居飛車の後手番は右玉のみで済ましてます、勉強量をガッと減らせるのが右玉の最大のメリットですよね。

 

個人的に△85歩型より△84歩型右玉の方が空間の傷が無く△73桂を捌きやすいので『一手損角換わりVS腰掛け銀』からに対する右玉で書いていきます。

 

*正調角換わり△85歩型右玉

f:id:pokepoke353:20191213001105j:plain

(終盤生じる▲84桂▲84香が嫌味、序中盤でも▲92歩△同香▲84桂とかヤバい)

 

*一手損角換わり△84歩型右

f:id:pokepoke353:20191213001403j:plain

(玉頭の空間が無く△85桂と跳べる為桂を捌きやすい、例えば▲75歩△同歩▲74歩に△85桂と跳ねれるから桂頭攻めもケアしてる。)

 

ちなみにVS早繰り銀に対しては羽生流右玉を使ってます。

f:id:pokepoke353:20191213002104j:plain

(これ互角らしい、気が向いたらこの戦型も記事書くかも)

 

①VS矢倉

②VS地下鉄

③VS中住まい

④VS4筋位取り雁木

と用意してきました。ちなみにどの戦型も右玉が頑張って千日手に持ち込む感じになってます。

今回は①VS矢倉について書いていきます。

 

①VS矢倉

f:id:pokepoke353:20191213002430j:plain

基本図1(△72玉まで)

ここから①▲47金型②▲29飛型があります。

 

ちなみに▲58金型はバランスが悪いので角の打ち込みが生じやすく先手やりにくいです。

f:id:pokepoke353:20191213002931j:plain

例えばここから▲24歩には△同歩▲同飛△35歩▲同歩△36歩▲45桂△37角打!

f:id:pokepoke353:20191213003036j:plain

以下、▲22歩△46角成▲21歩成△35馬▲29飛△28歩▲69飛△21飛で後手有利

f:id:pokepoke353:20191213003229j:plain

(右玉の基本定跡)

 

①▲47金型

f:id:pokepoke353:20191213005335j:plain
基本図2(▲47金以下、△62金▲88玉△14歩▲16歩△44銀まで)

ちなみに端の突き合いを入れてから△44銀と出るのが工夫で、端の突き合いが無いと飛車先交換後に▲16角打という手が生じる可能性があります。

f:id:pokepoke353:20191213005609j:plain

(この角厳密には成立してるかどうか知らないけど余計な変化を与えるのは損だから▲16歩を見てから銀を出るのが吉)

 

f:id:pokepoke353:20191213005946j:plain

基本図2以下▲24歩に対しては△同歩▲同飛△23歩▲28飛△55銀とぶつけて後手が少しやり易くなります。

f:id:pokepoke353:20191213005356j:plain
(以下△67銀には▲65歩で後手良し。銀交換は角が打ち込みやすくなる為右玉側歓迎、▲47金型に対する△55銀ぶつけは右玉から積極的に狙って良し)

 

なので基本図2の局面では▲67銀が本命です。

f:id:pokepoke353:20191213010053j:plain

▲67銀以下、△55銀▲56歩△44銀▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲28飛と進みます。

f:id:pokepoke353:20191213012254j:plain

途中△55銀と出て敢えて▲56歩と突かせたのが工夫で△56歩を突かせないと後々好点の筋違い角を打たれる展開が嫌です。

f:id:pokepoke353:20191213011829j:plain

(厳密には成立してるかは分からないけど個人的に苦手意識があるし千日手にはならなくなる。)

▲28飛以下、△33銀▲98香△44歩▲99玉△42銀▲88金△43銀と進んで一局。

f:id:pokepoke353:20191213012445j:plain

以下△21飛△24歩△12香△11飛とか千日手含みに待つ感じ。

ソフトで検討したけど途中先手からの仕掛けは難しいらしい、△33銀と引く手はダサいけど△53銀は横歩取る変化が生ずるし代案も分からないです><

単に金の往復で一人千日手をすると桂跳ねからの仕掛けがあるけれど、△44歩△43銀の形を目指せば先手からの仕掛けは難しくなります。

まあここまで来れば千日手濃厚だと思います。

 

②▲29飛型

f:id:pokepoke353:20191213015705j:plain

▲29飛以下、△62金▲88玉△14歩▲16歩△44銀▲24歩△同歩▲同飛と進みます。

 

f:id:pokepoke353:20191213023508j:plain

(ここで△35歩▲26飛なら△59角で成功だけど▲同歩と取られて右玉-300位)

 

以下一例ですが、△23歩▲29飛△35歩▲45歩△55銀▲同銀△同歩▲35歩△47銀▲49金△46角▲48銀△36成銀▲38金△35角と進みます。

f:id:pokepoke353:20191213030618j:plain

(評価値はほぼ互角だけどマチュア的には右玉のが指し易そう)

長引くと▲47角打からの打開を狙われて面倒なので早めに右玉側から仕掛ける方が展開的に楽です。

まあ対矢倉はこんな感じです、ソフト使ってると途中ずっと右玉-200位で悲しかった。

 

まとめ

①▲47金▲28飛型

▲16歩を見てから△44銀と上がる。

△55銀と出て▲56歩を突かせてから△44歩△43銀の形を目指す。

・隙あらば銀ぶつけを狙う。

穴熊は怖くない!千日手上等!

②▲48金▲29飛型

・単銀ぶつけは▲47角があるので要注意。

・そもそも2筋交換された後の▲47角には要注意。

千日手にはならないので△44銀△35歩から銀ぶつけて打開してく。

・飛車先交換した瞬間に例えば△15角、△35歩、△59角等から何か無いかを考える。

・ちなみにソフトの評価値曰く銀で△46歩を取れれば右玉少し得らしい。

 

次回は残りの対策について色々書いていきます。

【オリジナル戦法】魔界向かい飛車左玉

f:id:pokepoke353:20190911214014p:plain

 

今日は寝る直前に閃いた戦法を書き連ねていこうと思います。

ちなみに昔書いたこちらの記事の発展形です。

19960420.hatenablog.com

今回は狙い筋を示すためにココセで成功例だけ書いていきます。

 

初手から▲76歩△34歩▲26歩△88角成▲同銀△22銀▲25歩△33銀▲48銀△42飛

f:id:pokepoke353:20190911215952j:plain

 

▲68玉△44歩▲56歩△45歩▲57銀△35歩と進みます。

f:id:pokepoke353:20190911220031j:plain

(前回の記事で書いたこの戦法の骨格を成す早めの位取り、この二つの位を軸に模様を作っていく。)

 

以下、▲78玉△72金▲68金△62銀▲66歩△34銀▲24歩△同歩▲同飛△23金▲28飛△25歩と進みます。

f:id:pokepoke353:20190911215736j:plain

(居玉のままにするのがポイント、2筋の歩を交換してこない場合は後述します。)

以下、▲75歩△33金▲65歩△54歩▲76銀△22飛▲27歩△43金▲67金△33桂▲66銀△53銀と進みます。

f:id:pokepoke353:20190911220625j:plain

(この局面が既に先手から手出し出来なくなって後手作戦勝ちっぽい)

 

以下、▲86歩△21飛▲85歩△32玉▲96歩△14歩▲16歩△44銀と進み後手作戦勝ち

f:id:pokepoke353:20190911221015j:plain

(金が動けば△39角からの2筋突破がある、入玉も狙えそうだし後手作戦勝ち)

 

ちなみに途中△34銀の局面で2筋を交換してこなかった場合

f:id:pokepoke353:20190911221314j:plain

 

以下▲65歩△43金▲75歩△54歩▲76銀△22飛▲67金△33桂と進み、後手作戦勝ち

f:id:pokepoke353:20190911221550j:plain

(△25銀と歩を食べて2筋を伸ばしていく要領で本譜より得、△34銀△43金の形を作れれば大体模様勝ち出来そう。)

 

まあ本譜の他に先手にも色々選択肢があるからこうなるとは限らないけれど、3筋4筋の位を取った後向かい飛車で2筋を逆襲するという狙い筋は分かりやすいと思います。

ちなみに途中で玉を右に囲うと飛車先逆用するのに手数が間に合わなかったり、逆に玉頭で縦の戦いになったりするので居玉のまま待機して左玉にするのが工夫です。

実はまだ実戦投入していないのでどんな穴があるかは分からないけれど、これを初見で対応するのは難しいと思うし面白そうなので使ってみたいです!

 

青野流の研究と考察その①(直線コース▲66歩以下の変化まとめ)

f:id:pokepoke353:20190730013150j:plain

 

 

長らく放置してました、お久しぶりです。

最近はソフト将棋を並べててソフトの中終盤感覚をぼんやりと掴めたらいいなと思ってます。

元々ブログを作った理由は研究データをメモする為だと思い出したので今回は青野流の変化をまとめてみました。

 

 

 

f:id:pokepoke353:20190730003438j:plain

基本図1(▲66歩まで)

 

ここでは①△19角成(棋神が偶にやってくる)もあるのですが、以下▲67角△83香▲76角△84香▲24歩△同金▲22飛の局面は先手がやや良いでしょう。

f:id:pokepoke353:20190730003803j:plain

(金取りで飛車打てて先手好調、と金攻めが見た目より早い)

 

参考棋譜

shogidb2.com

 

なので②△45桂が本線ですが、以下▲67角△66角▲68銀△84角▲76角△89飛▲67角と進みます。

f:id:pokepoke353:20190730004205j:plain

基本図2(▲67角まで)

 

①▲67角に代えて▲31と

www.youtube.com

③▲79飛もあり、最善は難しいですが僕は①▲67角が一番やれると思ったので①▲67角を本線で書いていきます。

shogidb2.com

 

▲67角以下、①△34金②△28歩があります。順に解説していきます。

f:id:pokepoke353:20190730004205j:plain


①△34金

f:id:pokepoke353:20190730005233j:plain

以下、▲32飛△44金▲48銀(△28歩は▲46歩で先手良し)△55金(△99飛成もあるけど後述します)▲31と△99飛成▲22飛成△66香▲32とと進みます。

f:id:pokepoke353:20190730005713j:plain

この局面は△67香成▲同金の形が見た目より意外と耐久力があり、先に詰めろをかける事が出来たので先手が少し指せると思います。

 

参考棋譜

shogidb2.com

 

また途中△55金に代えて△99飛成と指す手もあるのですが、以下▲46歩△66香に▲85角と出る手があるのでやはり先手が指せそうです。

f:id:pokepoke353:20190730010212j:plain

(▲45歩▲64桂がべらんぼうに早い)

参考棋譜

shogidb2.com

 

まあアマレベルじゃ勝ち切れるかは分からないけれど厳密には先手が勝ってそうです。

 

②△28歩

f:id:pokepoke353:20190730010914j:plain

これを取るのは効かされで以下△57桂成▲同銀△49飛成▲同玉△57角成となり難解な局面になります。

f:id:pokepoke353:20190730011153j:plain

(局面は互角だろうけど人間的には後手が勝ち易そう。)

 

なので△28歩を取らずに以下▲64歩△同歩▲45角△29歩成▲79金(△66桂の阻止)△99飛成▲23角成と進みます。

f:id:pokepoke353:20190730011450j:plain

(途中▲64歩の利かしを入れる事で▲41馬の威力が増している。)

 

以下、△39と(▲48銀と逃げられると酷い為)▲同金△54香▲89歩△97竜▲48金△39銀▲76桂と進んだ局面は先手がやや指せそうです。

f:id:pokepoke353:20190730012003j:plain

(途中▲48金△39銀の交換は遊び駒の金と持ち駒の銀のトレードだから先手の得という感覚は勉強になった。)

 

参考棋譜

shogidb2.com

 

基本図2(▲67角まで)の局面はこの2つ以外の目ぼしい変化は恐らく無いみたいなので取り合えずここで終わります。

また気が向いたら(半年後かも)相早繰り銀▲56角青野流△74飛ぶつけ以下の変化も書いていきたいと思います。

 

 

おまけで社団2日目の棋譜貼ってきます。

(レグスペVS矢倉)

noike.info

 

(四間穴熊VS銀冠穴熊)

noike.info

 

(ミレニアムVS四間飛車)

 

(矢倉VS雁木)

阪田流向かい飛車その1+相居飛車対策色々(VS▲極限△一手損△45角△角換わり右玉)

f:id:pokepoke353:20190125230152j:plain

 

今回は阪田流向かい飛車についてあれこれ書いていきます。

この戦法は金を使った飛車先逆襲が主な狙い筋で決まれば破壊力抜群で気持ちが良いです。

相手が飛車先逆襲に対応してきたら持久戦にして金で模様を作るのがこの戦法の要点です。

 

f:id:pokepoke353:20190125014431j:plain

この局面では①△22飛②△65角があります。

 

今回は②65角について色々書いていきます。

 

参考棋譜

shogidb2.com

 

f:id:pokepoke353:20190124235617j:plain

基本図1(△65角まで)

 

以下、▲48銀△76角▲88銀△44歩▲46歩△54角▲47銀と進みます。

f:id:pokepoke353:20190125002604j:plain

基本図2(▲47銀まで)

 

この形が対策として有力らしいので仮想敵として進めます。

shogidb2.com

 

基本図2以下、△22飛▲36歩(この手以外は△24歩で後手良し)△42銀▲78玉△62玉▲77銀と進みます。

f:id:pokepoke353:20190125003734j:plain

(ここで何もしないと▲66銀から▲55銀と銀を活用されて苦しくなる。)

 

長引くと角が負担になって作戦負けになるので動きたい局面ですが、ソフトで調べたらここで△35歩と突く手があるみたいです。

f:id:pokepoke353:20190125003844j:plain

 

以下、▲同歩△24歩▲同歩△27歩▲48飛△24飛▲78金△72玉と進んで互角

f:id:pokepoke353:20190125010617j:plain

 

参考棋譜

 

▲56歩に対しては△35歩▲55歩△43角と進んで互角

f:id:pokepoke353:20190125011108j:plain

(玉を囲ってから2筋~4筋を金の力で戦うイメージ)

 

参考棋譜(ワシVS激指14)

 

次回は角を打たない糸谷さんが良くやってるオーソドックスな阪田流について書いていきます。

 

 

おまけで極限早繰り銀、一手損角換わり、横歩取り45角戦法、角換わり右玉についての対策をさらっと書いていきます。

 

対▲極限早繰り銀

f:id:pokepoke353:20190125020639j:plain

この局面以下、△86歩▲同歩△同飛▲46銀△44歩で先手指しにくいです。

f:id:pokepoke353:20190125020755j:plain

(▲35歩△44歩を用意するのがミソ、機を見て横歩取る手を狙って後手良し)

 

プロの公式戦から分析する、最新戦法の事情(3月・居飛車編) | あらきっぺのお気まま将棋ブログ

(このサイトを見て知りました。)

 

対△一手損角換わり

f:id:pokepoke353:20190125021140j:plain

ここで▲37桂が好手

f:id:pokepoke353:20190125021411j:plain

 

以下普通に組み合って主導権を握れた先手作戦勝ち

f:id:pokepoke353:20190125021521j:plain

 

対△45角戦法

f:id:pokepoke353:20190125221809j:plain

この局面では①△33桂②△87銀があります。

 

①△33桂以下▲36香が定跡になってますが、ここでは代えて▲88飛と打つ手があり有力だと思います。

f:id:pokepoke353:20190125222229j:plain

(歩切れで受けにくい攻守兼備の自陣飛車、△25飛には▲77金を用意している。)

 

以下、受けが効かないので△67角成!▲同金△79飛▲69歩△87歩▲68飛△89飛成と進みます。

f:id:pokepoke353:20190125230727j:plain

 

この局面では▲56金△64桂▲55金△88歩成▲96角と自陣の飛車を活用する手順があり先手有望だと思います。

f:id:pokepoke353:20190126001106j:plain

(ぴったりの角打ち)


 

www.youtube.com

(この動画で詳しく解説されています。)

 

 

②△87銀に対しては、以下▲77馬△76銀不成▲68馬△88歩の局面で▲46歩と突く手があるみたいです。

f:id:pokepoke353:20190125223107j:plain

以下、△23角(△54角▲88金)、▲83飛△89歩成(△82飛は▲同飛成△同銀▲84香)、▲同飛成△75桂に対して▲56香がぴったりで先手が良さそう。

 

f:id:pokepoke353:20190125223741j:plain

(以下一例を示すと、△56角▲同歩△64香に▲66歩!△同香▲86馬と進み先手良し)

 

www.youtube.com

(この動画で以下略)

 

横歩取り△45角戦法は定跡通り進んでも意外と僅差で、研究や経験の差で負ける事があるので研究を外す変化球を用意するのは勝ちを求める上で有望だと思います。

 

 

対△角換わり右玉

 

△角換わり右玉に対しては中住まい型が対策として有力らしいです。

f:id:pokepoke353:20190125225122j:plain

 

migigyoku.com

 

以下、▲77桂から▲99飛と地下鉄飛車を狙ったり。2筋で一歩持った後▲56歩から▲57角打で端を狙ったりと先手が勝ち易いみたいです。

 

参考棋譜(上記のサイト様の引用)

https://migigyoku.com/kifu/kf.php?kifu=20180828_232832.kif

(△55歩▲56歩と反発)

https://migigyoku.com/kifu/kf.php?kifu=20180828_223156.kif

(▲56歩と拮抗を保って地下鉄飛車)

 

 (△44銀に▲45歩)

 

ここまで読んでくれてありがとうございました!

 

将棋2018年振り返り【自己満足用】

今年は色んな大会やイベントに参加するようになって一年間楽しかったです。

一年間良し悪し含めて色々な変化はあったけれど、今では全てひっくめるて良い思い出ですね。

ブログも最初の内は楽しんで書いていたけれど途中から飽き性というか面倒くさくなって放置してしまったのは反省点です。

 

去年の時点では序盤が弱いのが難点で序盤を鍛える事を2018年のテーマにしていたけれど、固さよりもバランスを重視した戦法や駒組みが自分の棋風にマッチしていてその点については上手いこと達成出来たと思いました。この一年間は苦手だった序盤を克服して結構強くなれたと思うので総合的に非常に満足しています。

反省点としては負ける事よりも勝つ事の方が多くなった影響で油断や慢心が出てしまい、有利な局面でのポカやミスで負ける事が非常に多かったです。

正直な所自分の持っているポテンシャルは高いと思っているけれど、人間的未熟さがある故に力をコントロール出来ていない感覚があるので来年はそういう部分を克服というかテーマにして頑張っていきたいと思いました。

我以外皆我が師って言葉があるように、一局一局自分の方が強いと思って挑むのでは無く相手に教わろうとする謙虚な気持ちが大事なんですね。来年もまた今の自分に6割勝てる位強くなりたいです。

 

ブログは恐らく一か月に一回を目安に細々と更新していく感じになると思います。

内容は主に最新戦法や流行を追うのでは無くマイナーな戦法や面白そうだと思った戦法をざっと紹介する感じになると思いますが、それでもよければ来年もまたよろしくお願いしますm(__)m